Participative learning / 参加型学習

ピーター・ユスティノフという著名な英国人俳優が、彼の学生時代について語ったことがありました。「世界で一番偉大な作曲家は誰ですか」と音楽の先生がきいたときの様子の回想でした。ユスティノフ少年はすぐに「チャイコフスキーです」と答えたのですが、先生は彼が間違っていると言いました。他の子たちは、それ(先生が欲しかった答え)がベートヴェンであるとわかっていましたし、その時、ユスティノフ少年は目立ってはいけないんだと悟りました。

教室で行われている教育方法は、その時代とは随分と変りました。例えば、「やることで学ぶ」というような参加型(能動的)学習がしっかりとした知識と理解を植えつけるのにどれほど大切かということが広く知られるようになってきました。だからといって、これは特に新しい考え方ではありません。孔子曰く「不聞不若聞之,聞之不若見之,見之不若知之,知之不若行之。(聞かざるは之を聞くに若かず,之を聞くは之を見るに若かず,之を見るは之を知るに若かず,之を知るは之を行ふに若かず)」

CAN School WS 007
芸術教育の中でも特に音楽教育では、つい最近になるまで生徒たちにある作品を示しては、それがどれだけ有名で、どの時代に作られて、作者がどのような時代経験を経たのか、などの情報攻めにすることが一般的でした。確かにどれも興味深いことではありますが、理解するということにはあまりつながりません。

理解するというプロセスは、いうならば携わることです。実際に、やるということです。音楽教育でのジレンマは、よくありがちな誤解で、「やる」ことは「やることが出来る」能力を持っている人たちと捉えられてしまうことです。すなわち、高度なレベルで訓練された演奏家たちです。

音楽家育成のための方法では、何時間もかけて楽器をさらい熟練させ、それでいながら音楽を理解するための勉強も取り入れられてきました。

基礎的には、作曲家がよく作品を創り始めるときに用いるのと同じ要素を使っていて、それらを勉強グループに実践と実験的試みを促すように紹介していきます。複数の回答が創りだされるわけですが、そこでやっとそれらをそれぞれと比較し、さらに原作と比較することが出来ます。

このように勉強をすすめることは、音楽への造詣を深めるだけではなく、カリキュラム(国が指定する学習指導要領)の他の分野も含むことが出来ます。同時に、それは国際的関連性にも通ずると思います。

スペインのカタロニア地方で教育関係者たちの同意を得て実施しているプログラムでも、以下のような関連性が指摘されています。

個人レベル
o 自主性
o 表現能力の拡大
o 規律
o 分析能力/クリティカル・シンキング(批判的思考法)
o 自己形成と自発性
o エモーショナル・リテラシー(感情制御知識)

対人関係レベル
o 自分以外の人間への尊重(考慮)
o チームワーク
o 問題解決能力
o コミュニケーション能力

市民レベル
o 多様性(の享受)
o 文化的自覚

これらを達成する課程は、表現者でありながらも特別なトレーニングを積んだ実践者たちと協力して行われれば、非常に大きな効果が期待出来ます。

このようなメソッドが効果的であるかどうかというのは、議論するまでもありません。このメソッドが携わる人々に人生に大きく影響するような体験を推奨することでき、考慮すべきものと確証づけられています。


The famous actor Peter Ustinov once told a story about his school days. He recalled how his music teacher had asked “Who is the world’s greatest composer?” The young Ustinov immediately responded with “Tchaikovsky”, at which point his teacher told him he was wrong, that everyone knew it was Beethoven, and that he should “stop showing off!”

The methods of classroom-based education have changed in many ways since that time. For example it is now recognised how important participative learning, or ‘learning by doing’, is in embedding knowledge and understanding. This is not necessarily a new concept. Confucius wrote “I hear, I know. I see, I remember. I do, I understand”
In arts education, and especially with music, until comparatively recently the practice has been simply to place a particular piece of art in front of a group of students and bombard them with information about how famous it is, when it was created, what the experiences the creator was going through at the time etc. All interesting, but not really leading to understanding.

The process of understanding means getting involved. Doing, in fact. The dilemma with music is that it attracts a common misperception that the ‘doing’ can only be done by those who possess the ability to ‘do’. That is to say, highly trained performers.

The methodology behind this style of music workshop has been created to by-pass the hours needed to become proficient on an instrument, yet still provide a path to understanding.

Essentially, it takes elements of a particular composition which were often the same starting point for the composer, and step by step introduce them to a workshop group in a way which encourages of practical exploration and experimentation. The multiple solutions that are created can then be compared with each other, and with the original piece.

Working in this way leads not only to a greater understanding of the music, but it also covers many different areas of the curriculum. It also seems to have a universal relevance.

In a recent programme we started in Catalonia (Spain), in agreement with the education authorities, we identified the following connections.

Personal
o Autonomy
o Becoming expressive
o Discipline
o Evaluative skills/critical thinking
o Self awareness and esteem
o Emotional literacy

Interpersonal
o Respect for others
o Group working
o Problem solving
o Communication

Citizenship
o Diversity
o Cultural awareness

This process seems to be particularly effective when carried out in collaboration with specially trained practitioners who are themselves capable performers.

That this method of working is effective is beyond dispute. There is now considerable evidence to show that this method of working can encourage life-changing experiences for those involved.

About Michael Spencer

マイケル・スペンサー エデュケーター、ファシリテーター、ヴァイオリニスト。 元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者、初代英国ロイヤル・オペラ・ハウス教育部長。現在、Sound Strategies最高経営責任者。スペインで唯一自主運営をしているバレス交響楽団(バルセロナ)にて、教育プログラムと経営方針の特別顧問を務める。世界各地で芸術教育プログラムを開発・実践し、さまざまな芸術団体や企業から高い評価を受ける。日本でも社団法人日本オーケストラ連盟主催・文化庁後援により、24のプロオーケストラと各地で教育プログラムを実施。2001年皇后陛下ご臨席のもと、紀尾井ホールにてワークショップ型コンサート開催。2008年には、教育ディレクターを務めた『ピーターと狼』がアカデミー賞(短編アニメ部門)を受賞した。2011年にTEDxWWF(世界自然保護基金)出演。 近年では、英国免疫学会の依頼を受け、科学者と芸術家、地域コミュニティーとの共生を目的とした芸術プログラムを英国各地にて制作・実践している。NHK-BS『旅のチカラ』でも活動内容が紹介された。 Japan Festival in London 2012 大会会長。上野学園大学音楽研究文化センター客員研究員。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>