Starting a workshop / ワークショップをはじめよう

can-children-ws-004

少し昔の話になりますが、アッシュブリッジ・ビジネススクールのトレーニングコースに参加しました。内容は「組織内文化の変化」。このトレーニングコースが、一般にアーティスト向けに行われているものとだいぶ違ったというのはご想像のかぎりかと思います。

あるひとつことが特に印象に残っています。それは講師たちが何度も繰り返して使った言い回しで、ワークショップやビジネスプレゼンテーションなどのはじめ にもよく用いられます。それは彼らが言うところの「切り出し文句(直訳:運命を決める最初の言葉)」で、どのように初めて会う人や団体とコンタクトをとる かが自分自身の認識に大きな影響を与えてしまう、ということでした。

では、もし、その「超重要」なイントロダクションが自分の言葉でなかった(他の人がイントロダクションを代わりにしてしまい、それが自分の思惑通りでな かった)場合、その後をどうやって繋げていけば良いのか、本当に難しいところです。何をどんなケースのことを言っているのかおわかりでしょう。いかにも意 味ありげな面持ちで担当の人が、「さて、皆さん、よく聞きましょう。今日は○○さんをお迎えしました。本当に光栄ですね。……」とよく言いますよね。ファ シリテーターにとっては、最初の15分間というのは参加者と良い人間関係を築くための大切な時間なのに!

これがなぜ問題なのか、私自身もよくわかりません。おそらく、教える側からファシリテーター側への力の心理的転移、これがそもそもの混乱の始まりでもあり ますが、に関係しているのかもしれません。しかし、たとえどのような状況になろうとも、担当者の気分を害することなく、そのような事態を避けないといけま せん。

1960年代にアルバート・メラビアンがこの事に関して研究を行い、人間の心理学的な知覚は主に容貌で決定づけられ、話の内容で決定づけられるのではないと発表しました。(55%―身体言語、38%―声のトーン、7%―使われる言葉そのもの)

※「メラビアンの法則」や「7-38-55のルール」などとも呼ばれます。

では、一体この「メラビアンの法則(もしくは「7-38-55のルール」)」がワークショップの現場でどのように役立つのでしょうか?

私にとっては、会場になる建物に一歩踏み入れた瞬間から、ワークショップは始まります。例えば、学校が会場になったときには、壁に何が掲示されているのか メモを取ります。既製のポスターなのか、子供たちの作品なのか。どうやってコミュニケーションがとられているのか。どのような言葉が使われているのか、ど のような文化的パターンがとられているのか。それから、皆が助け合おうという空気があるのかどうか。これらの全ての情報はワークショップに組み入れること ができ、本当に有益なものとなります。

過去に一度、ヴィヴァルディの『四季』を題材に学校向けに音楽プロジェクトを行ったことがあります。学校の廊下には子供たちが描いたたくさんのときの絵が あったので、それらをワークショップの始めに使うことにしました。子供たちは私が絵に気づいたことに喜びましたし、何よりも絵を描いている時に彼らが考え ていたことをワークショップに上手く応用していました。

今まで私がお仕事をさせていただいた多くの人はご存知だと思いますが、私はよくワークショップを言葉を一切発しないでワークショップを始めます。このテク ニックは、違う国に行ったとき、特に言語が壁になりそうな場合のときに使うようにしています。道化師とトレーニングを受けましたが、彼が無言のまま人々の 注意を引きつけておく能力には驚かされました。

私がこの始め方が好きな理由として、無言でのやりとりによって暗黙的なコミュニケーション階層を作れるということが挙げられます。これが上手く出来ると、 参加者たちはグループ内の自己統制のような感覚を発展させることができます。これはワークショップの残りの部分に大きな影響を与えます。だからこそ、初め て参加者とコンタクトをとる時から、このようなこと考えて、始めていくことが大切になるのです。

ロンドン交響楽団に在籍していた時に、リハーサルにやってきた新しい指揮者がオーケストラの団員たちに最初の数秒で「品定め」されていったか、今でも覚えています。もし、この一番最初の一番肝心要の部分を間違ってしまうと、後で厄介になるものでした。

————————————

A little while ago I participated in a training course at Ashridge Business School. The subject was Culture Change in Organisations. As you might imagine it was somewhat distant from the sort of training artists normally undergo.

In particular one thing stuck in my mind. It was a phrase used many times by the business tutors, and referred to the opening stages of a workshop or a business pitch. They talked about the ‘first fateful words’. What they meant was that the way in which you first come into contact with a person or a group can affect their perception of you considerably.

I think that one of the most difficult things to recover from is the ‘grand’ introduction, when the first words are not your own. You know the sort of thing. A well meaning person in charge generally says something like “Now I would like you all to listen really carefully. We are so lucky to have (…) with us here today”. For a facilitator it almost guarantees that the first 15 minutes is going to be spent trying to establish a working relationship with the participants.

I am not too sure why this is the case. It may be something to do with the psychological transference of power from teacher to facilitator which causes a moment of confusion. But whatever is the case, I try to avoid such scenarios, but without causing offence to the person in charge.

Research on this subject was carried out by Albert Mehrabian in the 1960’s. He found that people’s perceptions are primarily governed by appearance, not by the content of what is being said. (55% – body language, 38% – how things are said, 7% – what is said).

So how can this help us in the workshop situation?

For me the workshop starts as soon as I enter the building where it is to be held. If it is in a school I will take note at the sort of pictures there are on the walls – are they printed posters or pictures made by the children, how do people relate to each other – what sort of language are they using, what sort of cultural behaviours are taking place – is there sense that everyone is there to help. All this is useful information that you can integrate into your workshop.

For example I once ran a music project in a school based on Vivaldi’s 4 Seasons. I noticed that there were a number of pictures of birds in the corridors that had been created by the children. This then became the starting point for the project. The children were pleased that I had noticed their pictures and they were able to take the thoughts they had had during their creation and apply them in the music workshop.

Many who have worked with me will know also that I will often start a workshop without saying a word. I often use this technique when I work in different countries where language can be a barrier. I once trained with a clown, and his ability to be able to work with silence, and hold everyone’s attention was remarkable.

I like to start a workshop this way because it starts to build an implicit hierarchy by non verbal negotiation, and if done well, the participants will develop their own sense of group discipline. This can then set the tone for the rest of the project. But it is important to set this up from the first time in which you make contact with the participants.

I remember the time when I was with the London Symphony Orchestra and the way in which new conductors would be ‘sized up’ within the first few seconds that they came to the rehearsal platform. It was always difficult for them to recover if they got this first and most vital element wrong.


About Michael Spencer

マイケル・スペンサー エデュケーター、ファシリテーター、ヴァイオリニスト。 元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者、初代英国ロイヤル・オペラ・ハウス教育部長。現在、Sound Strategies最高経営責任者。スペインで唯一自主運営をしているバレス交響楽団(バルセロナ)にて、教育プログラムと経営方針の特別顧問を務める。世界各地で芸術教育プログラムを開発・実践し、さまざまな芸術団体や企業から高い評価を受ける。日本でも社団法人日本オーケストラ連盟主催・文化庁後援により、24のプロオーケストラと各地で教育プログラムを実施。2001年皇后陛下ご臨席のもと、紀尾井ホールにてワークショップ型コンサート開催。2008年には、教育ディレクターを務めた『ピーターと狼』がアカデミー賞(短編アニメ部門)を受賞した。2011年にTEDxWWF(世界自然保護基金)出演。 近年では、英国免疫学会の依頼を受け、科学者と芸術家、地域コミュニティーとの共生を目的とした芸術プログラムを英国各地にて制作・実践している。NHK-BS『旅のチカラ』でも活動内容が紹介された。 Japan Festival in London 2012 大会会長。上野学園大学音楽研究文化センター客員研究員。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>