Keio Futsubu High School

This project took place over about 6 months and took advantage of a combination of technology and on-site facilitation to create a number of workshops, each devoted to a different piece of music. We worked with the music after-school group (bukatsu) at the prestigious Keio Futsubu School, and assistants from the Japan Philharmonic Orchestra

It was particularly interesting to run a workshop from Madrid when we were working with De Falla’s 3-cornered hat. We were able to talk about all sorts of different aspects of Spain, and in some cases I was able to show these from my hotel room by holding my laptop out of the window!

This workshop concert was held in Yuport Hall in Tokyo.  It was attended by all the school students, staff and parents; approximately 1500 people.

人生のリズ|Rhythm of Life (English subtitles) from Michael Spencer on Vimeo.

About Michael Spencer

マイケル・スペンサー エデュケーター、ファシリテーター、ヴァイオリニスト。 元ロンドン交響楽団ヴァイオリン奏者、初代英国ロイヤル・オペラ・ハウス教育部長。現在、Sound Strategies最高経営責任者。スペインで唯一自主運営をしているバレス交響楽団(バルセロナ)にて、教育プログラムと経営方針の特別顧問を務める。世界各地で芸術教育プログラムを開発・実践し、さまざまな芸術団体や企業から高い評価を受ける。日本でも社団法人日本オーケストラ連盟主催・文化庁後援により、24のプロオーケストラと各地で教育プログラムを実施。2001年皇后陛下ご臨席のもと、紀尾井ホールにてワークショップ型コンサート開催。2008年には、教育ディレクターを務めた『ピーターと狼』がアカデミー賞(短編アニメ部門)を受賞した。2011年にTEDxWWF(世界自然保護基金)出演。 近年では、英国免疫学会の依頼を受け、科学者と芸術家、地域コミュニティーとの共生を目的とした芸術プログラムを英国各地にて制作・実践している。NHK-BS『旅のチカラ』でも活動内容が紹介された。 Japan Festival in London 2012 大会会長。上野学園大学音楽研究文化センター客員研究員。
This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>