はじまりは・・・

それは息をのむような素晴しい瞬間でした。

can-children-ws-0101

6歳の小さな女の子が、杉並公会堂で手を叩いていたのです。それも、20世紀を代表するオーケストラ作品のなかでも特にリズムが難しいとされる、ストラヴィンスキー作曲の「春の祭典」のなかの1曲「生け贄の踊り」にあわせてです。

女の子が神童だったということではありません。その女の子は、その日、音楽のワークショップにたまたま参加しただけなのです。違う種類の記号が書か れてい るプリントを見ながら、手を叩き始めて20分もすると、その子はグループの中心にいました。そして、仲間をリードしながら、見事に演奏を発表しました。こ れには周りで見ていた演奏家たちも、開いた口が塞がらないという様子でした。

もちろん、このワークショップには、無作為にプリントを組み合わせて手を叩くリズム遊び以上のことが盛り込まれています。しかし、この女の子を例に とって もわかるように、単純で、かつ計画性をもって取り組めば、どんなに複雑極まりないとされている作品でも、その作品が本来持っている不思議な魅力を失わせず に、もっと身近なものにできるのではないでしょうか。

これが、私が芸術教育に最も惹かれる原点です。たとえば、新しい窓を開く可能性、という感覚でしょうか?

今まで世界中の様々な場所で仕事をする機会に恵まれましたが、その中でも、特に日本には強い思入れがあります。過去15年間にわたり、社団法人日本 オーケ ストラ連盟(以下、オケ連)のパートナーとして招聘いただき、日本各地に拠点を置くオケ連会員の24のオーケストラのために、エデュケーションプログラム を開発してきました。いつ日本を訪れても、私にとっては毎回「冒険」で、今までに何度「マイクさん、次は何をやりましょうか?」と声をかけて いただいたのかわかりません。

can-school-ws-009

今まで私がいただいてきた暖かい皆様のお気持ちに、少しでも恩返しするためにも、私の考えや素晴らしい思い出―それは焼けるほど暑い体育館にいてくれた小さな子供たちから皇后陛下に至るまで―を、このブログで皆様と共有できたらと思っています。

(Translation: Yukiyo Sugiyama, 訳:杉山幸代)

It was breathtaking to watch. A tiny 6-year old girl in Suginami clapping her way through one of the great rhythmical challenges of the 20th century orchestral repertoire; the Dance Sacrale from Stravinsky’s Rite of Spring.

This was not another pre-pubescent prodigy. Just a little girl who had turned up for a music project. And after 20 mins of playing with a selection of pre- printed papers, each with a different set of symbols, she led a group of her friends in a rhythmical rendition that left all of the musicians in the room with their jaws on the floor.

Obviously there is more to this than playing with a random selection of papers. But it demonstrates how even some of the most complex creations can become familiar friends without losing any of their magic if approached in a simple and systematic way.

This is what first attracted me into arts education. The opportunity to open windows.

I have been fortunate to have worked in a number of places around the world but it is Japan that has held the most fascination. For almost 15 years I have partnered with the Association of Japan Symphony Orchestras in creating education programmes around Japan for their membership; some twenty four at the last count. Every trip has been an adventure and throughout this journey I have been constantly asked about “Mike-san, what do we do next?”

This is in a way an opportunity to pay back some of the generosity that has been shown by sharing some of my thoughts and fondest memories, from small children in baking gymnasiums, to Empresses in palaces.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>