ブログ開設にあたって

このブログは、芸術教育に関わる方々が、今までの事例を紹介しあったり、意見や考えを交換したりできる場を提供することを目指して開始されました。

英国王立歌劇場(ロイヤルオペラハウス)に移ってから、現場で実際に働く者がどれだけ孤立していているのかということに気づくようになりました。その時初めて、他のファシリテーターたちが使う多様なアプローチ方法、模範としたいものもあれば、ほんの少しの意見で良くなるであろうものもありましたが、それらを注意深く観察する機会に恵まれました。

(※ファシリテーターとは、一般にワークショップでリーダー的な役割を担う人を指します。)

以来、仕事として依頼を受け、世界中の多くのプロジェクトを評価したり、または実際に参加したりしました。ファシリテータ同士が一緒に仕事をするということは、滅多にないことですが、その中から生み出される成果は本当に大きな収穫にちがいないと心から思わずにいられないのです。

ですから、私は皆さんにこのブログを議論する場所の糸口として使っていただきたいと思いますし、私自身も、過去の例や見解もお話しできたらと思います。

The purpose behind this blog is to provide a forum for the exchange of thoughts and ideas, and to share examples of work amongst the arts education community.

It was not until I moved to the Royal Opera House that I became aware of how isolated practitioners can become and I had, for the first time, the opportunity to observe the many different approaches used by other facilitators; some exemplary, others that would have benefitted from a little feedback.

Since then I have been called in to evaluate and contribute to a great many projects around the world and it has always struck how valuable the outcomes have been on the rare occasions that facilitators come together to collaborate.

So I would encourage people to use this as a platform for discussion, and from time to time will feed in my own examples and observations.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>